株式会社ダイキュウ

ダイキュウの『保温・保冷コンテナーBOX』とは? ダイキュウの『保温・保冷コンテナーBOX』とは?

コンテナーBOXの内部は、空気の層が幾重にも重なった構造をしており、保温・保冷はもちろん撥水性にも優れています。季節を問わず、いかなる気候においても、食材や料理の美味しさをそのままお客様のもとへお届けできます。保温・保冷の両方に使用でき、さらに蓄熱剤・蓄冷剤を使用することで、コンテナーBOXの保温・保冷性をより高めることもできます。地球環境に配慮して製造された「発泡ポリプロピレン」製なのでリサイクル可能です。

Point 1

軽量

 発泡ポリプロピレン製なので、とにかく軽くて持ち運びが便利。どなたでも楽に持ち運びができるように、持ち手の部分の構造も手にフィットしやすくなっており、ケータリングやデリバリーの効率もアップします。

女性でもラクラク
女性でもラクラク
Point 2

丈夫な材質

 発泡ポリプロピレン製なので、衝撃に強く、耐久性にも優れているのが特徴。重いものを入れた場合も、持ち手の部分が割れる心配はありません。また、発泡スチロールと違って、つぶ状の破片が発生しにくいので、安心してご使用できます。

欠けが発生しにくい
欠けが発生しにくい
Point 3

密閉性・耐熱性

 密閉性が高い構造をしているので、長時間の保温・保冷が可能です。耐熱温度は−20℃~120℃なので、高温での洗浄機や消毒保管庫などにも問題なく対応できます。

※熱風の吹き出し口付近は、設定温度より高温となりますのでご注意ください。

長時間、温度を維持
長時間、温度を維持
Point 4

衛生的

 洗剤を使用しての手洗いはもちろん、洗浄機やアルコール消毒などにも対応しており、衛生的に繰り返し使用することができます。またリサイクル可能な材質なので環境にも優しい製品です。

アルコール消毒も可能
アルコール消毒も可能
シボ加工について
コンテナーBOXには、表面および内部にシボという突起模様を施した製品もあります。シボ加工を施した製品は、特殊加工のため、従来のコンテナーBOXよりも強度が高まり、よごれもつきにくくなっており、滑り止めや水をはじくなどの効果もあります。さらに、デザイン性に優れ、高級感あふれる外観となっています。※シボ加工製品に関しては、下記参照。
  • 網シボ(表面)………………………RH-160・RH-160H・RH-170・RH-170H・RH-190・RH-190G
  • 線シボ(表面・内部)………………RH-25・RH-25G・RH-35・RH-35G・RH-35H
  • 網シボ(表面)・線シボ(内部)RH-50・RH-50G・RH-50H・RH-60・RH-60G・RH-70・RH-70G

※一見すると発泡スチロール製と見間違えてしまう、発泡ポリプロピレン製のダイキュウ「保温・保冷コンテナーBOX」。実はこんなに違いがあります。

  軽 量 耐久性 耐熱性
一般的な
発泡スチロール製BOX
軽い 割れたり欠けたりすることが多く、
くり返しの使用には向かない
70℃
ダイキュウ
保温・保冷コンテナーBOX
(発泡ポリプロピレン製)
軽い 丈夫な材質で、ヒビ割れや欠けの
心配が少なく、長く使用できる
120℃
  衛生的 保温性・保冷性 コストパフォーマンス
一般的な
発泡スチロール製BOX
欠けたり壊れることが多く、
異物混入の恐れあり
問題なし 単価は安いが、壊れるたびに買い換える
必要があり、コストパフォーマンスは低い
ダイキュウ
保温・保冷コンテナーBOX
(発泡ポリプロピレン製)
洗浄機で洗っても欠けたり、
割れる心配が少ない
問題なし 単価は高いが、長く使用できるため
コストパフォーマンスは高い

発泡ポリプロピレン製だから!!

温かい料理は温かいままに
冷たい料理は冷たいままに

お客さまのもとへお届けできるんです!!

環境にもやさしい発泡ポリプロピレンとは?
環境にもやさしい発泡ポリプロピレンとは?

私たちは、地球環境に配慮した製品づくりを心がけています。

 発泡ポリプロピレンの大きな特徴は、衝撃に強く耐久性に優れていること。外部からの衝撃エネルギーを吸収し、元の形に戻ろうとする性質があるので、自動車用バンパーの緩衝材や精密機器などの緩衝包材などにも使用されています。
 もう1つの大きな特徴は、様々な薬品に対しても軟化や溶融しないこと。使用後に高温での洗浄機にかけたり手洗いをすることで、何度も繰り返し清潔にご使用いただけます。高圧洗浄の使用も問題ありません。
 また、燃焼させても、有害物質のダイオキシンは発生しません。リサイクル可能な環境に優しい材質です。

冷凍車・チルド車でも温かい料理を運べます!!
冷凍車・チルド車でも温かい料理を運べます!!

常温車で保温品・保冷品・冷凍品を輸送

 ダイキュウ製のコンテナーBOXを使用することで、1台の冷凍車やチルド車でも“保温状態のBOX”と“保冷状態のBOX”を同時に運ぶことも可能となり、効率よく配送・運搬作業が行え、輸送・運搬コストも大幅に下げることができます。もちろん、常温車の配送でも問題ありません。より長く保温したい場合は、蓄熱剤と蓄熱剤受型枠(いずれも別売)を使用することをお勧めします。

性能曲線

デリバリー・ケータリングのイメージ
デリバリー・ケータリングのイメージ

 厨房や給食センターなどで料理人の方が心を込めて調理した料理を、ダイキュウ製の「コンテナーBOX」を使用することで、保温・保冷したまま運搬できます。調理場や厨房がない施設などでも、安心して美味しい料理を頂くことができます。

私たちは、地球環境に配慮した製品づくりを心がけています。

PAGE TOP